ホームページで集客できない15の原因とプロが教える3つの解決策

ホームページに集客ができない原因には、15の種類があります。

今ではどの企業でもホームページを持つことが当たり前になってきましたが、実はそのホームページの使い方を間違えている企業もかなりの数存在します。

この記事では、ホームページへの集客ができない原因と、本質的な集客のコツについて紹介します。

月額10万円〜で丸投げできる!

ホームページで集客できない原因

ホームページで集客できない原因
ホームページで集客できない原因

ホームページで集客できない理由は全部で15個あります。1つ1つ確認してみましょう。

ターゲットが定まっていない

ホームページで集客できない1つ目の原因は、ターゲットが定まっていないことです。

商品を販売するためのホームページなので「どんな人に購入してほしいのか?」を明確に決めておく必要があります。

ターゲットを定めておくと、集客もできるようになり売上も上がります。ターゲットを定める際におすすめなのがペルソナ設定です。

  • 住んでいる地域
  • 年齢、性別
  • 職業、家族構成
  • 趣味、苦手なもの
  • 普段から利用しているSNS

ペルソナを設定しておくと、ターゲットに刺さるコンテンツを作成できます。その記事を読んだ読者さんは、まるで自分のために書かれた記事であるかのように感じ、その記事への信頼感が一気に高まります。

いきなりターゲットを決めろと言われても、なんだか想像するのは難しいですよね。そこでおすすめなのが、「あなたの商品を買って喜びそうな知り合いを1人イメージする」ことです。

その人が知りそうな情報・不安に思いそうなこと・目指している未来をイメージして、それにピンポイントで応えるような言葉を選んでみましょう。

CV導線が明確でない

ホームページで集客できない2つ目の原因は、CV動線が明確でないことです。

CV動線とは、その記事を読んだ読者さんをどのページへ遷移させて成約させるかという設計のことです。

ホームページの目的は「売上を上げるため」です。売上を上げるためのホームページなのに、CVの動線が決まっていなければ集客できませんよね。

CV動線はカスタマージャーニーに則って設計するのがおすすめですが、一般的な企業サイトの場合は、すべての記事に共通で同じ動線を置くことも珍しくはありません。

CV動線の設計で大切なのが、その読者は「今買いたいのか?」という熱感です。

例えば街を歩いている人にいきなり充電器をセールスしてもほとんど無視されるでしょう。しかしAppleの発表会に来ている人であれば、ついでに1つ買ってくれるかもしれません。ウェブサイトもこれと同じで、いつ誰にどんな訴求をするのかがとても大切です。

今すぐ申し込みをしてくれないような人たちが読む記事ではLINEやメルマガなど、比較的ハードルの低い訴求を行い、今すぐ買いたい人たち向けの記事では即成約につながるようなLPへ遷移させるのがおすすめです。

お問い合わせフォームが煩雑すぎる

ホームページで集客できない3つ目の原因は、お問い合わせフォームが煩雑すぎることです。

お問い合わせフォームを訪れた読者は、全員がお問い合わせをしてくれるわけではありません。

お問い合わせフォームが煩雑すぎると、読者は途中で離脱します。読者は基本的にめんどうな作業が嫌いなので、なるべく離脱しないように、お問い合わせ項目はシンプルにしてあげるようにしましょう。

ウェブサイトでの成果を伸ばすための原則は、成約に近いところから改善することです。つまり、成約まであと一歩のお問い合わせページは、真っ先に改善すべき項目なのです。

デザインがパッとしない

ホームページで集客できない4つ目の原因は、デザインがパッとしないことです。

厳密に言えば、デザインにこだわる必要はないけれど、ターゲットが普段よく見ている媒体のテイストに合わせるのが好ましいです。

つまり、新聞を読むことに慣れている年配の方が読むようなコンテンツでは、文字をベースにした記事と教科書体のフォントでデザインするのが好ましいです。

一方でテレビやYouTubeで人気のあるエンタメ系ニュースを取り扱うメディアでは、ポップな色使いやインパクトのあるフォントを使うと、ユーザーの反応を得やすいです。

デザインは、運営者の主観で決めるものではありません。それを読む読者がどのように感じるかという視点を必ず持ち、数字の根拠を持ちながら今のデザインを評価し直してみましょう。

SEOコンサルタントからアドバイス
今泉佑基
今泉佑基

コンテンツ制作の際には3つのNOTを意識しましょう。

3つのNOTとは、ウェブサイトの読者の行動を表した以下の3つの原則のことです。

  • 記事の文章は読まれない
  • 読まれた文章は信用されない
  • 信用されても読者は行動しない

つまり、コンテンツ制作では以下の3つを意識する必要があります。

  • 細かく読まなくてもわかるデザインにする
  • 参考文献を用いて根拠を示す
  • 行動するべき理由を明確に示す

何を目的にしたページかが曖昧

ホームページで集客できない5つ目の原因は、何を目的にしたページかが曖昧になっていることです。

ウェブサイトには、主に以下3つの役割があります。

  • 会社のことを知ってもらうためのページ
  • 商品を売るためのページ
  • 集客をするためのページ

目的が異なれば、それぞれのページの作り方も媒体も全く異なってきます。

大切なのは、1つ1つのページに目的を持たせることです。今作っているのはどの目的を持ったコンテンツなのかを意識するだけでも、メディアの品質はグッと高まりますよ。

広告を打っていない

ホームページで集客できない6つ目の原因は、広告を打っていないことです。

先ほど紹介したように、ホームページは3つの役割があります。その中でも、収益につながるLPは、LP単独での集客が難しいです。

LPへの集客を早く集めるには、広告を打つことが最もおすすめです。広告はお金がかかるものの、きちんとしたデータを元に運用すれば、3ヶ月目くらいからは安定して黒字を出すことができます。

特にリスティング広告(PPC)は小さな金額から再現性の高い結果を出しやすい広告経路としておすすめです。

画像が多すぎてテキストが入っていない

ホームページで集客できない7つ目の原因は、画像が多すぎてテキストが入っていないことです。

これは2010年代初めに作られた歴史あるホームページでよく見られる現象です。

文章さえも画像で入れてしまうことで、機械に詳しくない人でもなんとなくホームページの構成にあったデザインが作れるため、今でもこのような作りをしてしまう場合があります。

しかし、せっかくの文章を画像で入れてしまうと、SEOに弱くなります。

Googleは画像認識ができるとはいえ、まだまだ画像内の情報処理は甘いです。コンテンツはしっかりと文字として入れてあげるほうが、Googleからの評価は高まります。

「うちのホームページは情報量が多いのに…」と思っていても、画像で掲載された文章は、Googleから見たらただのモザイク画像にしか見えていない可能性もあります。

SEOコンサルタントからアドバイス
今泉佑基
今泉佑基

画像を入れる場合はALTタグの設定をしましょう

ALTタグとは、画像の情報をGoogleに伝えるための設定です。ALTタグにテキスト情報を入れることで、その画像が何を表しているのかを正しく伝えることができるようになります。

このようにテキスト情報で画像を補うことにより、画像検索で上位に表示され、そこからの流入が発生することもあります。

上級テクニックとしてフリー素材はあえてALTタグを空欄にし、自社オリジナルの画像のみにALTタグを設定するという手法はあるのですが、基本的には埋め込む画像の全てにその画像を簡潔にあらわすALTタグを設定するのがおすすめです。

サイトの指名検索数が少ない

ホームページで集客できない8つ目の原因は、サイトの指名検索数が少ないことです。

指名検索とは、GoogleやYahooなどでユーザーが「サイト名」で検索するものです。例えば買い物したいときに「Amazon」と検索するようなものです。

指名検索を増やすことは、以下2つのメリットがあります。

  • 集客コンテンツを持たなくても流入が得られる
  • SEOに強くなる

指名検索とは文字通り、自社のホームページを求めて読者が集まるため、わざわざこちらから集客をする必要がなくなります。そのため、集客メディアを持っていなくても一定の流入が得られるようになります。

また、Googleもそれぞれの月間検索回数を把握しています。指名検索の多いサイトは需要の高いサイトだと判断され、その専門分野においてSEOに強くなります。

SEOコンサルタントからアドバイス
今泉佑基
今泉佑基

最近ではSNSの露出も重要な指標です

指名検索数を増やす上で重要なのが、ユーザーからの認知度です。

ユーザーの認知度を上げるためには、これまではテレビCMが主流でしたが、今はSNSでの露出も指名検索数に大きく関わっています。

また、検索されなくてもSNS上で言及される(サイテーション)回数が増えることによって、需要の高まりを検知するシステムもGoogleにはあります。ただしInstagramやFacebookの一部はGooglebotから見ることができないため、基本的にはTwitterやYouTubeでの露出を狙うことがSEOに強くなるコツです。

更新頻度が低い

ホームページで集客できない9つ目の原因は、更新頻度が低いことです。

更新頻度の低いサイトは読者からの信頼を得づらいです。一度公開した記事でも定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

たとえば近所の美味しいレストランを探すとき、読んでいる記事の最終更新日が2010年だったらどのように感じますか?

「この情報って、今も変わっていないのかな」と不安になりますよね。

ウェブサイトの情報は、常にこのような不安にさらされているもだと思いましょう。読者は常に最新の情報を読みたいと感じています。

また、SEOを考える上でも更新頻度(フレッシュネス指標)は重要です。特に2020年〜2022年は更新頻度を上げるだけで順位が急激に上がるケースもありました。

以上のように、記事の更新頻度を上げることは読者の信頼を得るだけでなく、SEOにも効果があるため、一度公開した記事でも定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

運営者の信頼性を示せていない

ホームページで集客できない10個目の原因は、運営者の信頼性を示せていないことです。

記事を執筆している専門家がいる場合は、その専門家の保有資格を明記したり、プロフィールページを作成したりしましょう。

このような情報を記事の目立つ部分に設置することにより、読者からの信頼感が上がってCVRが上昇しやすいことが知られています。また、権威ある公的機関から紹介リンクを貼られたサイトはGoogleからの評価も上がります。

SEOコンサルタントからアドバイス
今泉佑基
今泉佑基

事業会社は自然と強くなります

事業内容とウェブサイトの内容が一致している場合、SEOを意識していなくてもSEOに強くなることが多いです。

これは事業内容から運営会社の専門性が評価され、ウェブサイト全体の評価が上がるためです。また事業会社は様々な媒体からリンクを貼ってもらいやすく、信頼性も高まる傾向にあります。

一方で運営歴の短い会社や、ホームページを立ち上げたばかりである場合は、ホームページ自体の強さが蓄積していないため、どんなに有益なコンテンツを作成してもSEO評価が得られないことがよくあります。

サイト内の専門性が低い

ホームページで集客できない11個目の原因は、サイト内の専門性が低いことです。

サイト内の専門性は、関連記事数によって補うことができます。オウンドメディアを伸ばすためには記事数が必要だと言われる理由の一つが、多くの記事を執筆することでサイト内の情報量が増え、そのサイトがある分野において専門的であると評価されるからです。

また、Googleはその分野における専門家がよく使う表現を機械的に学習して、サイト内の文章の単語の一致率から専門性を判断しているという説もあります。この説の真偽は定かではありませんが、執筆する文章は専門家の監修を受け、正しい表現を用いるよう意識するのがおすすめです。

サイトの表示速度が遅い

ホームページで集客できない12個目の原因は、サイトの表示速度が遅いことです。

サイトの表示速度が遅いと、ユーザーはページにアクセスする前に離脱します。

Amazonでは「表示が0.1秒遅れると、売上が1%減少する」というほど、ページの表示速度がユーザーに与える影響を重要視しています。

特にありがちな原因が、ファーストビューに動画を置いていることです。ブランドPRのためページの1番上にプロモーションを設置したくなる気持ちはとても分かりますが、そのような施策を行うときはページの速度をきちんと計測するようにしましょう。

また、スマホで撮影した画像もファイルサイズが1Mbを超えることが多々あり、そのような画像をページ内に大量に設置すると重すぎてサイトが開かなくなります。

動画を埋め込む場合は遅延読み込みにしたり、画像は圧縮して100kbほどにサイズ変更するなど、ページ速度への配慮を忘れないようにしましょう。

検索キーワードを意識していない

ホームページで集客できない13個目の原因は、検索キーワードを意識していないことです。

検索キーワードとは、読者がGoogleで検索するキーワードのことです。

検索キーワードをタイトルや見出しに含めることにより、SEO評価が上がりやすくなります。また、記事中でも適度にキーワードを用いて文章を書いてあげることによって、その記事がどんなキーワードで書かれているのかがGoogleに伝わりやすくなり、SEOの評価が上がりやすくなります。

SNSでのバズを狙うコンテンツは例外として、検索キーワードを意識しない記事は誰からも読まれない記事になってしまうため、記事を書く前に「何のキーワードで書くのか」を決めるようにしましょう。

メモ

オウンドメディアを運用する際は、1記事目を書く前に、今後執筆する記事のキーワードリストを作成するのがおすすめです。キーワード選定がオウンドメディアの戦略で、最も重要な項目なんです。

キーワード選定を行わずに記事を公開してしまうと、サイト内に色々なキーワードが乱立してしまう状態となり、管理が非常に難しくなります。

キーワードの選定は専門ツールや専門知識が必要になるため、ここだけでもプロのアドバイスを受けておくのがおすすめです。

>> キーワード選定サービスを詳しく見る

必要なタグが抜けている

ホームページで集客できない14個目の原因は、必要なタグが抜けていることです。

よくあるのは、見出しタグの抜け漏れです。見出しタグとは、H2やH3でマークアップされる見出しのことです。

特に大見出し(H2タグ)に含まれている単語がSEOで重要な指標になります。キーワードを意識せずに書いた記事では、見出しで使う単語がバラバラだったり、そもそもH2タグが入っていなかったりする場合もあります。

自社の記事でH2が設定されているか、今一度確認してみましょう。

LPと基本的なページしか公開していない

ホームページで集客できない15個目の原因は、LPと基本的なページしか公開していないことです。

何を目的にしたページかが曖昧」の項目でも紹介したように、ホームページには、以下の3つの種類があります。

  • 会社のことを知ってもらうためのページ
  • 商品を売るためのページ
  • 集客をするためのページ

基本的には、商品を売るためのページ(LP)により多くのアクセスを集めることがホームページ集客のコツとなります。

ホームページ集客の流れ
ホームページ集客の流れ
SEOコンサルタントからアドバイス
今泉佑基
今泉佑基

集客媒体と収益媒体は分けて考えましょう

メディアには、それぞれ強みと弱みがあります。

LPはサービス訴求には強いですが、LP自体の集客力はとても弱いことが一般的です。LPと企業ホームページだけを作っても、アクセスが集まらずに苦労することでしょう。

そのようなときは、集客のための媒体を作ることを考えてみるのがおすすめです。SNSでもよし、オウンドメディアでもよし、YouTubeでも構いません。

LPへのアクセス経路が確立できれば、あとはその経路をひたすらに強化していくことになります。

「集客できない」の基準を知ろう

「集客できない」の基準を知ろう
「集客できない」の基準を知ろう

「うちのホームページは集客できていない」と一言に言っても、その基準はさまざまです。

集客できないとは、どの数字を基準にしたものですか?

その判断基準を明確にすることで、今とるべき施策が変わってくるかもしれません。

ここからは、「集客できない」の基準について考えて見ましょう。

そのアクセス数は失敗ですか?

まず最初に確認すべきことは、「そのアクセス数は失敗なのか?」ということです。

アクセス数20,000と聞いて、あなたは多いと感じますか?少ないと感じますか?

実際のところ、ちょっとニーズのあるジャンルを攻めれば、月間20,000PVは個人の初心者でも達成できるような数字です。

しかし、どのようなジャンルでどのような人たちをターゲットにしてアクセスを集めているのかによって、メディアの成功失敗は変わってきます。

例えば、単価50万円・目標売り上げ1,000万円のメディアでは、月に必要な成約数は20件です。

仮にオウンドメディアのCVRが0.1%だとすると、そのメディアでは月間20,000のアクセスが取れれば成功だと言えます。

つまり、単価50万円の商品に対してCVR=0.1%をキープできるような質の高いアクセスを20,000取ることができていれば成功しているということです。

逆にアクセス数が10万あったとしても、CVRが0.001%を切るような品質の低いものばかりであれば、それは失敗しているとなります。

このように、アクセス数とは単純に数字で見るのではなく、色々なKPIと照らし合わせて数字の裏側を見ていくことが重要となります。

市場のボリュームを調べる

続いて、市場のボリュームを調べてみましょう。

確認するポイントは以下の2つです。

  • 月間検索ボリューム数は?
  • トレンドのあるキーワード?

大前提として、検索されないキーワードで検索流入は取れません。検索回数が少ないキーワードも、検索回数が多いキーワードに比べると流入は少なくなります。

UberSuggestなどのツールを使って、検索回数を調べてみましょう。その検索回数に0.7をかけた数字が、だいたいの目安となります。

また、Googleトレンドを使うと、そのキーワードの過去のトレンドを調べることができます。

例えば「バレンタイン」というキーワードは、毎年12〜2月に検索回数が急増します。

このデータを見れば、夏ごろのアクセスが年末のアクセスの10分の1になっていたとしても、それは正常な数字だと分かります。

このように、ウェブサイトのアクセスは検索ボリュームの影響を大きく受けます。

もしかしたら、今のアクセス数が少ないので記事のせいではなく、世の中の需要が少ないだけかもしれません。

少ないアクセスでも集客に成功するには

実際、検索ボリュームが拡大しない分野では、アクセスを伸ばすことが不可能な場合があります。例えば地域名を掛け合わせたクエリでは、1ヶ月のアクセス数が1桁であることも珍しくありません。

そんな中でも、きちんとした戦略を取ることによってホームページ集客を成功させることは可能です。

どうしてもアクセス数が伸ばせない場合、以下の3つの戦略を取ることができます。

  • 記事数を増やして総アクセス数を増やす
  • キーワードをずらしてボリュームの多い分野からアクセスを獲得する
  • ABテストを重ねてCVRを改善する

おすすめなのは、ABテストを重ねてCVRを改善することです。

CVRの改善をすることで、少ないアクセスから多くの成約を取ることができます。

100のアクセスを200にするのは非常に大変ですが、1%のCVRを2%にするのは、(簡単ではないものの)ちょっとした改善で達成できることもあります。

それらの改善を重ねることで1つのアクセスの価値を高めることができるので、将来広告を打つことになっても、初月からROASの高い広告運用ができるようになります。

ちなみに、アクセス数の多いメディアは何かと目につきやすく、競合から記事をパクられたりスパムがついたりと大変なことも多いです。

その点、アクセス数が少なくてCVRの高いメディアは外部から見て成功しているかどうかを判断しづらく、ブルーオーシャンでも長期にわたって成功し続けやすい状態になります。

失敗しないホームページへの集客方法

失敗しないホームページへの集客方法
失敗しないホームページへの集客方法

最後に、ホームページへの集客方法を確認しましょう。

ホームページへの集客方法は4つあります。より質の高いアクセスを得るために、これらの方法を試してみましょう。

SEO

ホームページへ集客する際は、SEOでアクセスを集める方法がおすすめです。

SEO集客のメリットは、流入に対してお金がかからないことです。

SEOで上位を獲得すると、Google検索したユーザーからの流入が得られるため、コストをかけずに流入を得ることができます。

実際には記事制作・ディレクションに人件費が発生するので完全に無料とはいきませんが、それでも広告運用に比べたらかかる費用は格段に少なくて済みます。

SEOで上位を取ることのビジネス上のメリットはどの企業にとっても価値のあるもので、かなりの企業がSEOに力を入れるようになっています。そのためSEOは年々競争が激化しており、今では簡単に上位を取ることができなくなっています。

SEOを重視したメディア運用をするのであれば、少額から始められるプロのサービスを利用するのがおすすめです。

株式会社街中文学では、現役のプロSEOコンサルタントが直接お客様のサイトを手掛けます。費用も相場の半分ほどとなっておりますので、ぜひ一度、無料でご相談ください。

MEO

続いておすすめの方法がMEOです。

MEOとは、Googlemapでの検索順位を上位にする戦略のことで、飲食店や美容院などリアル店舗のあるビジネスにおすすめです。

Googleマップで上位表示すると、Googleの検索結果でも上位に表示されるため、SEOと同等以上に顧客からの問い合わせや来店を増やすことができます。

SNS

続いておすすめなのはSNSによる集客です。

SNSも無料で運用できるため、SNS運用にも力を入れている企業が増えています。

SNS運用に力を入れる理由は、「ユーザーからの親近感を得やすく、認知されやすいブランドを作ることができる」からです。

SNSでは投稿に対してユーザーがコメントをつけたり、いいねなどのリアクションを行います。このような交流を繰り返すことで、ユーザーにとって「なんか見たことのあるブランド」と認知されることで、そのユーザーがLPを見たときに親近感を感じやすくなり、CVRの向上に役立ちます。

おすすめのSNSは以下の2つです。

  • Twitter
  • Instagram

TikTokとYouTubeは運用できれば強いですが、運用コストが他の媒体とは桁違いにかかるため、初期段階では考えなくて大丈夫です。ある程度予算に余裕があり、チャレンジして見たいという場合に検討しましょう。

広告

ホームページ集客におすすめの手法の4つ目は広告です。広告はサイトの運用歴に関わらず、お金を払えば表示される仕組みなので、初速を上げたい場合におすすめです。

WEB広告は様々ありますが、おすすめの媒体は以下の3つです。

  • Facebook広告
  • YouTube広告
  • リスティング広告

それぞれの広告には特徴があり、ターゲット層によって最適なルートが異なります。とはいえどれも試して見なければわからないので、まずは少額から色々な広告を試してみるのがおすすめです。

ホームページ集客できない場合はブログ運営がおすすめ

ホームページ集客できない場合はブログ運営がおすすめ
ホームページ集客できない場合はブログ運営がおすすめ

ホームページの集客ができない場合は、ブログを書くのがおすすめです。

ブログといっても、ただの日記のような記事では役に立ちません。「検索キーワードを意識していない」の項目でお伝えしたように、必ず1記事1記事にキーワードを設定して書くようにしましょう。

ブログを書くメリットは、以下の3つです。

  • ユーザーが持つ悩みを解決しつつ、自社商品を提示できる
  • 文章を読んでもらう過程で顧客の教育ができる
  • リスト獲得のチャンスがある

ブログ記事は、一度作成したら半永久的に会社の資産となります。

また、事業に関する記事を数多くサイト内に公開することで、ホームページを見たお客さんからの信頼感も高まります。

以上のように、企業ブログ(オウンドメディア)は、集客に役立つだけでなく、顧客の信頼も得られるという資産価値のあるものです。

ブログで集客するのに必要な費用

オウンドメディアを運営する場合は、基本的にプロの意見を聞くことが重要です。

特にキーワード選定の場面では、選ぶキーワードを間違えると、作成した記事の流入キーワードが重複してしまったり需要のない記事にコストをかけてしまったりというトラブルが必ず発生します。

オウンドメディアの運営に失敗する企業のほとんどが初期設定の段階で失敗しているため、本当に慎重に行いましょう。

今泉佑基
今泉佑基

初期の設計だけは何よりも慎重に!

キーワード設計を含むオウンドメディアの初期費用は、現在20万円で受け付けております。

これからオウンドメディアの運用に力を入れたい方は、ぜひ一度、無料の相談だけでもお声がけください。

月額10万円〜で丸投げできる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA