Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c5028887/public_html/machibun.co.jp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
自営業・個人事業主におすすめのお得なホームページの作り方とは?メリットやデメリット・相談相手を紹介 | 街中文学

自営業・個人事業主におすすめのお得なホームページの作り方とは?メリットやデメリット・相談相手を紹介

一人でやっているスモールビジネスだけど、ホームページって作った方がいいのかな?

自営業や個人事業主の方は、このように自分のホームページを持つべきなのかについて悩んだことがあるのではないでしょうか。

結論として、自営業や個人事業主でも、ホームページは作っておくことをおすすめします。実際に私たちに寄せられる声として、ホームページがないことでその会社に対して不安を感じてしまうという人が多いようです。

でも、ホームページを作るにはスキルもお金もない…この記事では、そんな自営業・個人事業主の方へ向けて、お得なホームページの作り方と、迷った時の相談の仕方について紹介します。

無料でお悩み相談受付中

    必須氏名または会社名

    必須メールアドレス

    必須ご相談内容

    運用代行記事制作SEO改善CVR改善まずは話を聞いてみたい

    お問い合わせ内容(任意)

    目次 非表示

    目次へ

    ​​自営業・個人事業主にホームページが必要な理由

    ​​自営業・個人事業主にホームページが必要な理由
    ​​自営業・個人事業主にホームページが必要な理由

    自営業・個人事業主にホームページが必要な理由は、なにがあるのでしょうか。

    自営業・個人事業主にホームページが必要な理由は、以下の7つです。1つ1つ確認していきましょう。

    信頼を得やすくなる

    自営業・個人事業主がホームページを作ると、信頼を得やすくなります。

    なぜなら、発注する企業やお客さん目線だと、ホームページの無い自営業・個人事業主に仕事を頼むのは不安だからです。実際に営業の場でも、ホームページがない会社は実態が掴めず信用できないという声も多く聞かれます。

    だからこそ、自営業・個人事業主の方でもホームページを持っておく必要があります。今の時代は、簡単にホームページを作成できるので、持っていなければ機会損失になります。

    自営業・個人事業主の方がホームページを持つと、クライアントや顧客から信頼を得られるようになりますよ。

    検索から見つけてもらえるようになる

    自営業・個人事業主がホームページを作る理由は、検索から見つけてもらえるようになるからです。

    基本的にホームページで集客する際は、検索エンジン(Google・Yahoo)から集客します。これをSEO集客とも言います。

    ホームページは「作ったら終わり」ではなく、作成後は検索エンジンから集客していく必要があるのです。

    例えば「エステサロン 東京」のKWで検索エンジンで上位を獲得できるようなコンテンツを用意します。

    ユーザーとGoogleから評価の高いコンテンツを用意すると、狙ったKWで上位を獲得できます。検索からの流入にはお金がかからず、さらに自動で回り続けるので、とてもコスパの良い集客方法になりますよ。

    他の経路に比べて費用が安い

    自営業・個人事業主がホームページを作る理由は、他の経路に比べて費用が安いからです。なぜなら、ホームページの集客経路は、無料の検索エンジンだからです。

    通常は、ホームページに集客する際は「WEB広告」を打つ必要があります。WEB広告以下のようなものがあります。

    • リスティング広告
    • Facebook広告
    • TikTok広告

    WEB広告は、資金が潤沢になければ集客の効果を出すことが難しいです。

    それに比べてSEO対策は、ドメイン代とレンタルサーバー代のみで集客できるのです。ドメイン代は、年間1,000円〜5,000円。レンタルサーバー代は、年間10,000円。

    だからこそ、ほとんどお金をかけずにホームページに集客できるのがメリットになります。自営業・個人事業主の方こそ検索エンジンを利用して、ホームページに集客していくのがおすすめです。

    集客の柱になる

    自営業・個人事業主の方がホームページを持つ理由は、集客の柱になるからです。

    検索エンジンから集客に成功すると、継続的にアクセスを得られるようになります。継続的にアクセスを得られるようになると、集客の柱になり事業が安定するのです。

    ホームページを上手に運営するとSEOからの安定的な流入が得られます。SEOはGoogleに依存はするものの、自社のリソースを少なくしても一定の成果が得られるため、一度作って仕舞えば頼もしい集客の柱になります。

    事業に関する専門性をアピールできる

    個人事業主にホームページが必要な理由は、事業に関する専門性をアピールできるからです。

    事業の専門性をアピールできると、クライアントや顧客から信用を得られるようになります。なぜなら「事業内容が不明」と思われると、クライアントや顧客から仕事を獲得できないからです。

    さらに事業に関するコラム・お役立ち記事を執筆することで、その会社が本当に専門知識を持ち合わせていることの証明にもなります。

    「見たこともない人だけど、信頼できる」という感覚は、ウェブサイトを運営している会社ならではの特権ですよ。

    自分に関する情報を提供することで信頼感につながる

    個人事業主にホームページが必要な理由は、自分に関する情報を提供すると信頼感につながるからです。

    自分に関する情報を積極的に発信することで、クライアントや顧客から信頼を勝ち取れるようになります。ビジネスでは、信頼関係が重要です。

    自分に関する情報は、以下のものがおすすめです。

    • Facebook
    • LinkedIn
    • 代表ブログ
    • サービスへの想いを綴ったメッセージ

    ホームページを運営し自分に関する情報を積極的に発信していきましょう。

    サービスへの想いを知ってもらうことで安心感につながる

    個人事業主にホームページが必要な理由は、サービスへの想いを知ってもらうことで安心感につながるからです。

    個人事業主がホームページを用意する際は、ページ内に自社サービスの想いを記載しましょう。なぜなら、サービスの想いを知ってもらうとクライアントや顧客が安心して仕事を頼めるからです。

    この人は単なるお金稼ぎでサービスをやってるわけじゃないんだな。と思ってもらえるだけでも、最初のハードルはグッと下がります。

    自営業・個人事業主がホームページ集客に失敗する理由

    自営業・個人事業主がホームページ集客に失敗する理由
    自営業・個人事業主がホームページ集客に失敗する理由

    自営業・個人事業主がホームページ集客に失敗する理由は、何があるのでしょうか。

    結論、自営業・個人事業主がホームページ集客に失敗する理由は、以下の3つです。

    集客経路と収益経路を分けていない

    ホームページ運営で最も大切なことは、集客経路と収益経路を分けることです。

    一般的に会社紹介のためのホームページと、商品を売るためのランディングページには、集客のパワーがありません。よく集客に失敗したという会社さんで見られるのは、企業紹介のページだけ作ってアクセスがないと悩んでいるものです。

    集客のためには、集客に特化したページを作成することが大切です。

    集客コンテンツを作成していなければ、ホームページの集客で失敗します。

    集客コンテンツとは、ユーザーをホームページに集めるためのページです。集客コンテンツを用意しておくと、効率良く検索エンジンからユーザーを集められるようになります。

    実は一般に言われる企業ホームページは、集客に弱いという特徴があります。情報が少なく、検索にヒットするような内容がないためです。

    SEOで集客するためには、最低でも30ページほどの集客コンテンツの用意が必要です。したがってホームページの他に、ホームページへ到達させるための記事コンテンツが必要になるのです。

    「集客コンテンツを書いているヒマはない」という自営業・個人事業主の方は、ライターさんに外注するのがおすすめです。

    ライターさんに外注すると、費用も安く短期間で集客コンテンツを増やせるようになります。

    株式会社街中文学ではプロのSEOコンサルタントが無料でアドバイスしているので、外注のやり方がわからないという方は、ぜひお気軽に質問してくださいね。

    今作っているコンテンツは集客のためなのか、収益を生むためなのか、これらを意識するだけで成果が大きく変わりますよ。

    デザインに素人感が出すぎて信頼されない

    ホームページ集客に失敗する理由は、デザインに素人感が出過ぎて信頼されないからです。

    ホームページにアクセスするとユーザーは、仕事を依頼したい企業や顧客です。仕事を依頼する企業や顧客が、素人感のあるホームページであれば「他の自営業・個人事業主の方に頼もう」となります。

    理由は、今の時代にホームページに力を入れていない方には仕事は発注されにくいからです。だからこそ、ホームページのデザインは素人感のないデザインにするのがおすすめです。

    ホームページを作成する際は、WordPressで作成することが多いと思います。「WordPressテンプレート」を利用すると、初心者の方でも簡単に素人感のないホームページを作成できるようになりますよ。

    サイト構造がわかりづらく成約につながらない

    ホームページに失敗する理由として、サイト構造がわかりづらく成約につながらないこともあります。なぜなら、サイト構造がわかりづらければユーザーは行動に迷ってしまい離脱するからです。

    ユーザーが離脱すると、結果的に成約しなくなります。ユーザーの離脱を防ぐためには、サイト上にわかりやすい案内をおくのが重要です。

    ホームページは作るだけではなくユーザーを集客し成約させることが重要です。そのため、サイト構造はシンプルにし、成約につながる構成を作っていきましょう。

    一度作ったページの改善を行わない

    ホームページ集客で失敗しやすい原因は、一度作ったページの改善を行わないことです。

    検索エンジンで上位表示するためには、ページを放置してはいけません。なぜなら、Googleアルゴリズムでは改善を行っていないページは評価されにくいからです。

    また、情報を放置していると内容が古くなってしまい、仮に集客に成功したとしてもお客様に間違った情報を届けてしまう原因になります。

    特に最初のうちは、いきなり完璧なページは作成できません。だからこそ、ページは作ったら終わりではなく数ヶ月単位で改善していくことが重要です。

    \SEOに再チャレンジしてみませんか?/

    自営業・個人事業主は誰にホームページの相談をすべき?

    自営業・個人事業主は誰にホームページの相談をすべき?
    自営業・個人事業主は誰にホームページの相談をすべき?

    「初めてホームページを作成して集客する」といった自営業・個人事業主の方は、誰に相談するべきなのでしょうか。

    結論、自営業・個人事業主の方は、経験のある人に相談するのがおすすめです。

    最低でも経験のある友人に依頼しよう

    自営業・個人事業主の方は、最低でも経験のある友人に依頼するのがおすすめです。なぜなら、未経験の方に依頼や相談すると成功できる見込みが低くなるからです。

    ホームページ集客で成功させるためには、経験のある友人に依頼しましょう。

    • 個人や副業で、ホームページやWEBサイトを運営している
    • 本業でWEBマーケティング会社に勤務している

    上記のような友人に依頼や相談すると、ホームページ集客は成功しやすくなりますよ。ただし個人で運営している場合は、収益モデルが企業と異なるケースが多いため、全て真似するのは注意が必要です。

    費用の融通がきくサービスを探すのがおすすめ

    ホームページ集客で相談する際は、費用の融通がきくサービスを探すのがおすすめです。

    一般的にホームページ集客の依頼や相談は高額です。そのため、コストが限られている自営業・個人事業主の方は依頼や相談するのにハードルが高いですよね。

    ただ、全ての企業やサービスが高額になるわけではありません。様々なサービスがあるため、費用の融通がきくサービスを探し依頼や相談するのがおすすめです。

    コンサルティング会社の多くは規模の大きな会社を相手にするので、プランをまとめて高額で販売しています。個人がそのようなサービスを利用しようとしても、余計なプランに高額なお金を払うことになり、とてもコスパが悪いです。

    その点、小さなコンサルティング会社はお客様1人1人に合わせたプランをご用意できるので、費用対効果が高くなりやすいです。

    株式会社街中文学では、SEOコンサルタントを務める代表が自らお客様にぴったりの内容をゼロから組み立てるので、費用を抑えつつSEOで成果を出したい方にはおすすめですよ。

    無料相談サービスを活用しよう

    無料相談サービスを活用するのもおすすめです。ホームページの集客代行、作成などはお金がかかりますが、相談であれば無料のところもあります。

    そもそもホームページが必要ではないケースもあるため、まずは無料で相談できるサービスに依頼してみるのがおすすめです。

    株式会社街中文学では、プロのSEOコンサルタントが無料でご相談に応じます。

    \SEOに再チャレンジしてみませんか?/

    自営業のホームページで作成すべきページ

    自営業のホームページで作成すべきページ
    自営業のホームページで作成すべきページ

    自営業でのホームページで作成するべきページは、以下の9つです。1つ1つ解説していきますね。

    トップページ

    ホームページで最も重要なのが、トップページです。

    トップページでは、そのサイトに合わせた最も重要な役割が果たせるようなページに設計しましょう。

    • 認知を上げたいなら会社のPR情報
    • 収益を上げたいならLPチックに
    • SEOを強化したいなら記事への動線を多めに

    会社概要

    会社概要では、以下の内容を記載しておきましょう。

    • 会社名
    • 会社の住所
    • 代表者名
    • 資本金
    • お問い合わせ先(メールアドレス、電話番号)

    上記を記載しておくと、ユーザーに安心感を与えられるようになります。

    サービス紹介

    サービスの紹介をしているページの作成も大事です。

    「どのようなサービスを提供しているのか?」を明確にすると、クライアントの方から信頼を得られるようになります。

    事業内容

    事業内容は、実際にどのような事業を行っているのかを明確に書いておくのが重要です。事業内容のページを用意しておくと、クライアントの方から新規の仕事を獲得できる可能性があります。

    事業内容では、売上の上がっている事業から記載していくのがおすすめです。

    実績・お客様の声

    実績・お客様の声を紹介しているページも用意するのがおすすめです。

    実績では、自分が今までに行ってきて成果を出せたものをデータとして紹介していきましょう。

    特に重要なのが、お客様の声です。

    マーケティングの分野では、実績よりもお客様の声が最も重要になります。なぜなら、お客様の声は第三者からの意見のため、本人が発信するよりも大きな力を持っているからです。

    お客様の声では、顧客の雰囲気がわかる写真を載せると、さらに信用感はアップします。

    料金

    ホームページでは、料金ページも用意しておくのがおすすめです。

    「仕事を依頼したい!」と思っても、料金がわからなければ離脱されます。離脱されると、獲得できる案件も逃してしまい機会損失につながります。

    それを防ぐためには、料金の詳細が書いてあるページを用意しておきましょう。

    問い合わせフォーム

    ホームページで売上を上げるためには、問い合わせフォームの設置は重要です。

    「気になるから相談したい」と思われても、問い合わせフォームがなければユーザーやクライアントは離れます。

    だからこそ、問い合わせフォームを設定しておくと、機会損失を防げるようになります。

    ホームページをWordPressで作成する場合は、プラグインを導入すると簡単に問い合わせフォームを設置できますよ。問い合わせフォームのプラグインは「Contact Form7」と「Flamingo」の併用がおすすめです。

    プライバシーポリシー

    ホームページでは、プライバシーポリシーのページも必須です。プライバシーポリシーとは、個人情報保護法のための方針のこと。

    つまり、ユーザーやクライアントが安心してホームページにアクセスできるようにするためのものです。

    一般のユーザーは、プライバシーポリシーをそこまで重要視していませんが、万が一の際に無ければトラブルの元になります。

    ホームページを作成する際は、プライバシーポリシー・特定商取引法に基づく表記もセットで作るのがおすすめです。

    グローバルナビゲーション

    グローバルナビゲーションとは、ホームページ内の全ページ共通して設置された案内リンクのことです。

    街中文学のホームページであれば、上記画像の上のバーに表示されている「サービス・実績・オウンドメディア・会社概要・お問い合わせフォーム・ホーム」の部分になります。

    グローバルナビゲーションがあると、ユーザーは見たいページにすぐアクセスできるのがメリットです。

    個人事業主がホームページを作成する方法

    「個人でホームページを始めたいけど、作り方がわからない」と悩んでいる個人事業主の方もいますよね。

    ただ、今の時代は簡単にホームページを作成できるのです。

    ここからは、有料・無料に関わらずおすすめのホームページ制作のやり方を紹介します。

    制作会社に依頼する

    ホームページを作成する方法1個目は、制作会社に依頼することです。

    ホームページの作成を制作会社に依頼するのは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    制作会社に依頼するメリットは、ホームページの知識がなくても作成できることです。

    制作会社に依頼すると、数日後にはホームページが完成します。制作会社にホームページ作成を丸投げできるのがメリットですね!

    「ホームページの知識がない」「そもそもホームページの作り方がわからない」ときは、制作会社に依頼するのがおすすめですよ。

    デメリット

    制作会社に依頼するデメリットは、お金がかかることです。制作会社も商売としてやっているため、お金がかかるのは当然ですよね。

    ただ、お金を支払うだけで集客できるホームページを作成できるため、積極的にコストをかけていくのがおすすめです。

    ペライチで作る

    ホームページを作成する方法2個目は、ペライチで作ることです。

    ペライチとは、簡単にホームページを作れるサイトのことです。ペライチでホームページを作成すると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    ペライチのメリットは、無料で作成でき、SEO効果も高く集客しやすいことです。

    有料プランもありますが、無料プランを利用するとお金をかけずにホームページの作成が可能です。

    また、他の無料サイトに比べてSEOに強いのが特徴。ライバルが少ないKWであれば、比較的簡単に上位表示できます。

    ちなみに、ペライチで検索上位を獲得するには、ロングテールKWでの作成がおすすめです!ロングテールKWとは、3語以上からなるキーワードのことですね。

    たとえば「ホームページ 集客 初心者」のようなKWです。ロングテールKWのメリットは、SEO対策が弱くても上位表示しやすく、検索意図が明確なためCVRがアップしやすいですよ。

    そのため、SEOに強くて無料でホームページを作成した方は、ペライチを利用するのがおすすめです。

    デメリット

    ペライチのデメリットは、無料だと1ページしか作成できないことです。

    また無料プランの場合、ページにペライチ側の広告が付くため、ユーザーの離脱数が上がるのがデメリットになります。

    AmebaOwnd(アメーバオウンド)で作る

    ホームページを作成する方法3個目は、アメーバオウンドで作ることです。

    アメーバオウンドとは、ホームページやブログを作成できる無料サイトです。アメーバオウンドには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    アメーバオウンドのメリットは、シンプルでオシャレなデザインテーマが豊富なこと。発信する情報や内容に合わせたデザインテーマを選べるのがメリットです。

    また様々な企業も利用しているため、安心して使えますよ。

    デメリット

    アメーバオウンドのデメリットは、SEO効果は強くないことです。

    ホームページ集客を成功させるためには、検索エンジンで上位を獲得する必要があります。

    アメーバオウンドの場合、細かいSEO対策はできないので、強めのKWで上位を獲得するのは困難です。そのため、強めのKWで上位を獲得したい場合には、デメリットになります。

    Jimdo(ジンドゥー)で作る

    ホームページを作成する方法3個目は、Jimdoで作ることです。

    Jimdoとは、無料でホームページを作成できるサイトのことです。そんなJimdoには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    Jimdoのメリットは、レスポンシブ(スマホ対応)・SNS連携・アクセス解析・独自ドメインの設定などを行えることです。

    特に独自ドメインを設定すると、運営側から勝手にホームページを削除されずに安心して運営できるようになります。ネット上に資産を積み上げられるのがメリットです。

    デメリット

    Jimdoのデメリットは、無料プランだとサポートを受けられないことです。

    サポートを受けられなければ、トラブルが起きた際にかなり不便ですよね。有料プランだとサポートを受けられますが、課金する必要があるため、デメリットになります。

    Wix(ウィックス)で作る

    ホームページを作成する方法4個目は、Wixで作ることです。

    Wixは、初心者の方でも簡単にホームページを作成できるサイトです。そんなWixには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    Wixのメリットは、個人や企業に関係なく手軽にホームページを作成できることです。

    特にビジネスで運営する際は、Wixを利用している企業は多くいます。Wixは、操作方法も簡単で直感的に操作できるのもメリットですよ。

    デメリット

    Wixのデメリットは、機能の制限があるためカスタマイズ性が低いことです。

    Wixは、元々用意されている機能やプラグインしか利用できないため、カスタマイズできる幅が少ないのです。

    ただし、1ページなど簡単なホームページであればWixはおすすめですよ。

    STUDIOで作る

    ホームページを作成する方法5個目は、STUDIOで作ることです。

    STUDIOとは、今話題となっているノーコードでWebサイトを制作できるサイトのことです。STUDIOには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    メリット

    STUDIOのメリットは、なんと言ってもノーコードでWebサイトを制作ができることです。

    コードやテンプレートに縛られることなく、自由自在に自分好みのデザインにできます。1クリックで簡単に公開できるため、初心者の方におすすめのサイトです。

    デメリット

    STUDIOのデメリットは、Javascriptでサイトが作られることです。Javascriptを使うとサイトのスピードが落ちやすく、SEOにおいて不利となります。

    また、サーバーの操作ができない点もあり、サーバーを絡めた改善施策ができないことが多いため、ホームページに力を入れたい場合はStudioの使用はおすすめしません。

    WordPressで作る

    ホームページを作成する方法6個目は、WordPressで作ることです。

    WordPressとは、個人ブログから企業サイトまでビジネスとして利用できるホームページを作成できるサイトです。

    WEB上にあるサイトの6割以上は、WordPressで作成されています。ホームページ運営をするのであれば、WordPressを利用するのがおすすめです。

    メリット

    WordPressのメリットは、個人でも作成できるようなわかりやすい操作性を持ちつつ、自由にカスタマイズできることです。

    WordPressでは、独自ドメインとレンタルサーバーを契約すると、初心者の方でも無理なくホームページの作成ができます。SEO対策では、内部対策も自由に行えるため、検索エンジンで上位を獲得しやすくなりますよ。

    またデザインの自由度も高く、自分好みのホームページにできるのもメリットです。

    WordPressでは、無料と有料のテーマを導入することができます。有料テーマを導入すると、その瞬間からプロのデザインを利用できるため、サイトの品質を高めることができます。

    デメリット

    WordPressのデメリットは、高度なデータベース管理に向かないことです。

    詳しい話はエンジニア向けになりますが、WordPressは本文に記載する内容をHTML付きでwp_postというデータベースに入れてしまいます。つまり、記事によって内容のタイプに差があり、統一されたデータベース管理ができなくなります。

    エンジニアにWordPressが不評なのは、この辺りが大きな原因ですね。

    とはいえ、初心者がホームページ運営する上では全く問題ないため、気にすることはありません。

    \SEOに再チャレンジしてみませんか?/

    個人事業主でも集客に成功できるホームページ作成のコツ

    個人事業主でも集客に成功できるホームページ作成のコツ
    個人事業主でも集客に成功できるホームページ作成のコツ

    個人が集客に成功するためには、どのようなコツを知っておくべきなのでしょうか?

    結論、個人が集客に成功するコツは以下の5つです。

    複数の集客経路を確保する

    集客に成功するホームページのコツ1つ目は、複数の集客経路を確保することです。

    複数の集客経路とは、SEOだけではなく広告やSNSも活用することです。

    個人でホームページを運営する場合、どうしてもSEOを狙いたくなる気持ちはわかります。ただ、個人レベルのSEOでは集客力に限界があり、大きなボリュームゾーンでは戦うことができないのが現状です。

    その現状を打破するためには、WEB広告とSNS運用も活用していきましょう。

    WEB広告とは、リスティング広告やFacebook広告などお金を払ってアクセスを集める方法です。資金は必要になりますが、早ければその日からアクセスを集められるため効率的なのが特徴ですよ。

    ホームページの規模や目的によって変わりますが、月間で10万円ほどあれば、効率良くWEB広告から集客できます。

    SNS運用とは、Instagram・Twitter・YouTube・TikTokを活用し、個人や商品のブランディングを行う戦略のことです。SNS運用を活用すると、濃いファンができ継続的に集客できるのが特徴です。

    伸びなくてもいいからSNSは更新するべき

    集客に成功するホームページのコツ2つ目は、伸びなくてもいいからSNSは更新することです。

    「複数の集客経路を確保する」でも解説しましたが、個人がホームページ集客を成功させるためには、SNS運用は必須です。

    SNS運用は簡単ではないため、継続しても伸びないのは良くあることです。

    ただ、継続することによって、現在も活動中であることが伝わり、さらに反応が少ないとしても見てくれる人に刺さるコンテンツを投稿していると、こっそりお仕事につながることもあります。

    そのため、SNSは伸びなくても良いので日頃から更新していくことが重要です。

    プロフィールページを作って安心感を持たせる

    集客に成功するホームページのコツ3つ目は、プロフィールページを作ってユーザーに安心感を持たせることです。

    プロフィールページを作成しておくと、ユーザーが閲覧した際に「この運営者は信頼できる」と思わせることができます。

    仕事を依頼する時も、全く知らない個人に依頼するのは怖いものです。少しでもその人の背景やスキル・想いがわかることで、依頼前の安心感につながります。

    だからこそ、プロフィールページを用意しておき、ユーザーに安心感を与えられるようにしましょう。

    収益ページではトコトン数字にこだわってページを構成する

    集客に成功するホームページのコツ4つ目は、収益ページでは数字にこだわって構成することです。

    かっこよさを優先したページよりも、多少いびつでも売り上げの上がるページを作成することが、ビジネスとしては正解です。

    ホームページで売上をアップさせるためには、トコトン収益ページの数字にこだわってページを構成するようにしましょう。

    SEOコンテンツを持つ

    集客に成功するホームページのコツ5つ目は、SEOコンテンツを持つことです。

    SEOコンテンツを持っているだけで、効率良くホームページで集客できるようになります。検索エンジンからアクセスを集めるためには、ホームページ内にSEOコンテンツを用意しておきましょう。

    SEOコンテンツとは、GoogleやYahooの検索エンジンで上位表示できる記事のことです。SEOコンテンツの作成のためには、記事単体でキーワードを意識することはもちろん、ドメイン(URL)のパワーをあげたり、更新頻度を保つ仕組みづくりも重要になります。

    自営業者は無料でホームページ作成の専門家に相談してみよう

    自営業者は無料でホームページ作成の専門家に相談してみよう
    自営業者は無料でホームページ作成の専門家に相談してみよう

    自営業で初めてホームページを作成するときは、どのような流れが良いのでしょうか。

    結論、自営業者で初めてホームページを作成する場合は、専門家に相談するのがおすすめです。無料でホームページ作成の専門家に相談すると、集客に成功できるようになります。

    相談を通して不要なサービスがわかる

    無料でホームページ作成の相談をする際に最も重要なことは、相談を通じて不要なサービスがわかります。

    中には余計なオプションをつけたり、文字単価を引き上げることによって料金を高くする業者もいるため、最低限の金額と内容について相談してみるのがおすすめです。

    スモール規模なら費用も安くなりやすい

    ホームページでは、スモール規模なら費用も安くなりやすいです。

    一般的なホームページ作成の相場は、1ページあたり10万円〜15万円ほどです。集客のための運用前踏まえても、月額20万円ほどなので、基本的には社員を雇うよりは安く済みます。

    自営業・個人事業主の方は、大規模なホームページを作成する必要はありません。なぜなら、大規模なホームページを作成しても効率が悪く費用がかかるからです。

    スモール規模であれば、費用を抑えつつ効率良くホームページの作成を行えます。ですが、1ページ数万円で請け負っているサービスもあるため、積極的に探すのがおすすめです。

    無料でお悩み相談受付中

      必須氏名または会社名

      必須メールアドレス

      必須ご相談内容

      運用代行記事制作SEO改善CVR改善まずは話を聞いてみたい

      お問い合わせ内容(任意)

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA