Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c5028887/public_html/machibun.co.jp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
車屋さん(自動車販売・整備)のホームページのコツは?かっこいいデザインはおすすめしない理由と集客の成功法則 | 街中文学

車屋さん(自動車販売・整備)のホームページのコツは?かっこいいデザインはおすすめしない理由と集客の成功法則

お客様の大切な車を預かる自動車整備工場、カッコイイ車を販売する車屋さんも、ホームページを持つ時代になりました。

しかし、いくらかっこいいホームページを作っても、全くアクセスが集まらないのはよく聞く話です。なぜなら、かっこいい見た目だけでは、集客につながるルートがないからです。

この記事では、車屋さんのホームページ集客で必要な考え方と、かっこいいホームページをデザインする前に準備すべきことについて紹介します。

\SEOに再チャレンジしてみませんか?/

車屋がホームページ集客をする5つのメリット

車屋がホームページ集客をする5つのメリット
車屋がホームページ集客をする5つのメリット

車屋のホームぺージ集客には、5つのメリットがあります。

1つずつ説明していきますね。

自分たちのコンセプトを伝えることができる

ホームページを持つということは、自分たちのコンセプトを伝える最適な手段となります。

なぜならば、他の車屋と差別化をするために最重要なモノとなるからです。

自社が外車の専門店だとすれば、その特徴をホームページで伝えるようにしましょう。また、値段がどれほどなのかを明記することで、他の外車専門店や車屋との相違点が明確になります。

ホームページ上集客のために、他社との差別化を意識したコンセプトを伝えるようにしていきましょう。

お店の雰囲気を伝えることができる

ホームページを使えば、お店の外観や店内の様子などの雰囲気も伝えやすいものです。

お客様は、店に行く前に、ネットでどのような雰囲気の店なのかを必ず見ていきます。お客様がアクセスしやすい目印やお店に来ても安心していられるような風景を心がけるといいですね。

ホームページでの第一印象をよくする面持ちで、お店の雰囲気を伝えていきましょう。

整備の内容や保証プランについて詳しく理解してもらえる

整備・保証内容を詳しく伝えることでお客様にも理解してもらえるようになります。

整備と保証は形には無いモノであり、目に見えないものです。

整備の事例や保証内容に見合った費用などを提示すると、お客様の関心も引き寄せやすくなります。

お客様が決断しやすくなるような整備内容・保証プランを提示しましょう。

車に対する気持ちに共感してもらえる

ホームページの載せ方次第で、想いは強く伝わります

そこには、車屋さんの人たちの計り知れない想いや愛が込められているからです。

あなたにはきっと、これまでの車のある人生を生き続けてきて、様々な想いが胸の中に刻まれていることでしょう。その想いを言葉にできるのがホームページです。

そうした車への愛・想い・気持ちをぜひ言葉で示していきましょう。

お客様の口コミから信頼感を得ることができる

ホームページにお客様からの口コミを掲載すると、より多くの信頼感を掴み取れます。

お客様は、ホームページでリアリティの高い口コミをチェックします。

写真を添えた口コミやお店で直接書いてもらった口コミを掲載するといいでしょう。

口コミでは高いリアリティを追求したお声を載せていってくださいね。

車屋さんがホームページ集客で成功するコツ

車屋さんがホームページ集客で成功するコツ
車屋さんがホームページ集客で成功するコツ

車屋さんとしてホームページ集客を成功させるために、6つのコツを押さえておきましょう。

それぞれのコツを、順番に説明していきます。

会社のホームページと集客媒体は別で作る

集客のために会社のホームページとは別に、ランディングぺージ(LP)を作る必要があります。

ランディングページとは、「自社の商品やサービスを魅力的に伝えてユーザーに購入を促すページ」です。

ホームページとランディングページの違いは、次の通り押さえておきましょう。

  • ホームページ:自社商品やサービスの他、採用情報や企業理念などの、会社情報が網羅されて載っているぺージ
  • ランディングぺージ:自社の商品・サービスの事だけが記載されている

では、なぜ会社ホームページと、集客のためのランディングぺージとに分けたほうがいいと思いますか。

実は、2つの大きなメリットが内在されているのです。

  • 商品・サービスの購買意欲を高めさせられる
  • Web広告の効果を最大化できる

1つ目のメリットのポイントは、商品・サービスの魅力だけを直接的に伝えやすくなります。

そうすると、お客様の目にも入りやすくなり、購買意欲も増していきます。

2つ目のメリットは、SNSや広告を一目見て、購入までストレートに繋ぎとめられる点がポイントです。

視覚効果を発揮する作用こそが、Web広告やSNSの働きを最大限に活かせます。

つまり、ランディングページとは、商品を売るためのページなのです。これが、会社の紹介をするホームページとランディングページの大きな違いです。

これほどのメリットがあることですから、会社ホームページと集客媒体は分けていきましょう。

インターネットから申し込みする理由を作る(限定プランなど)

インターネット入会限定のプランなどを提示することで、ホームページ集客は成功しやすくなります。

実際に来店する足労を掛けるよりも、ホームページなどで可能な限り情報を集めたいものですよね。

例えば、フィットネスジムのWeb入会限定キャンペーンを考えてみましょう。

  • Web入会者限定で1ヶ月4,000円の会費が2年間ずっと1,500円!
  • Web入会者限定特典でトレーニングシャツをプレゼント!

このようにインターネット申し込み限定プランなどの特典を設けて、集客を成功していきやすくしましょう。

修理に関するお悩みからお問い合わせを獲得する

ホームページでは、お客様の悩みを解決するようなコンテンツを公開しましょう。車屋さんでは、主に車の故障・修理に関するノウハウを書いていくのがおすすめです。

先述のようにお客様は、店に行く前に、ホームページ上で情報を事前に集めておきたがります。

そこで、お問い合わせフォームも作ることで、車に関する悩みや車の修理・購入の検討などがしやすくなります。

車の修理に関してはいくらノウハウを伝えたとしても、結局はプロを頼る人がほとんどです。つまり、お客様が情報収集をする時の行動フローにおいて、訪れる最後の1ページが自サイトになればそこからお問合せに繋がります。

最後の1ページとして選んでもらうには、自分たちのサイトを訪れて、お客様の悩みスッキリが解決すればいいのです。そのような品質の良い記事を作成していきましょう。

上手に価格を打ち出すことでお得感を感じてもらう

意味としては、あらゆる状況を想定したサービスに適する価格を設定するということです。

お客様が価格をお得に感じれば、安心してサービスを利用することに繋がるので、大切なポイントです。とはいえ、ただ単に価格を安くしろというわけではありません。

提供するサービスに対して、価格がお手頃だと感じてもらうことが重要です。

つまり、価格を下げるのではなく、お客様が感じるサービスの期待価値を上げるのです。あなたが全力で提供するサービスの価値をしっかりと届けるためにも、わかりやすい言葉遣いでホームページを作成しましょう。

修理や整備の事例を写真付きで公開する

写真を用いての修理の整備や事例の公開も、集客成功ポイントとして押さえましょう。

工事や修理などは、写真で可視化されれば、解決後のイメージもつかみやすいですよね。

車の修理こそ、修理後のイメージを持っておけば、楽しみな感情を覚えます。

修理や整備の事例を写真付きで公開していくようにしましょう。

プロならではの車に関する豆知識を伝え、専門性を感じてもらう

車屋さんの腕の見せどころと言えば、車に関する豆知識を伝え、お客様をワクワクさせることでしょう。

プロの人たちからの話は、お客様もワクワクしてくること間違いなしです。

「この人になら自分の愛車を任せても大丈夫」

会ったこともない人にそう感じてもらえるのは、ホームページのようにお店の中身を伝える媒体を運営している人の特権です。

車のある人生で培ってきたプロの豆知識を、お客様の車との人生に伝承していってください。

車屋さんがホームページ集客をする上でよくある質問

車屋さんがホームページ集客をする上でよくある質問
車屋さんがホームページ集客をする上でよくある質問

最後の項目で、車屋さんがホームページ集客をする上でのよくある質問に対する答えをまとめました。

それぞれ順番に回答していきます。

ホームページ集客の流れは?

まず始めに、ホームページ集客の流れを説明します。
ホームページ集客の流れについては、様々なニュアンスが存在しますが、ここでは集客方法の選び方を押さえましょう。
・集客方法選びの軸として考えていきたいポイントは3つあります。
・費用がかかっても即効性を期待したいか
・時間がかかるが継続的な集客方法が良いか
・ターゲットは顕在層か潜在層か

どのポイントを押さえて、ホームページをどこに載せるかで集客方法も変わります。

・費用をかけるのならば、SNS広告やリスティング広告などのWeb広告が一般的であります。
・時間を要してでも、継続的に集客をしたいのであれば、SEOやSNS運用などのコンテンツマーケティングがセオリーです。

顕在的・潜在的なターゲットを獲得したいのであれば、展示会や公共交通機関の広告などのリアル施策もあります。

ホームページの運用は?

「どのようなやり方で、どのような方向性を設定して集客に繋げていくか」をまとめていきます。
運用の方向性は「5W1H」を取り揃えた設定が必須です。

・What(何を):ホームページを作ってどんなことを実現したいか
・Who(誰が):どんな人がターゲットユーザーか
・Why(なぜ):ターゲットとなるユーザーはなぜホームページを閲覧しに来るのか
・When(いつ):ユーザーはいつホームページに来るのか
・Where(どこで):どこでホームページを閲覧するか「家、会社」「PC、スマホ」など
・How(どうやって):どんな状況でホームページを見るか

5W1Hが固まっていれば、お客様に伝えたいことも伝わりやすくなり、魅力的なホームページができて、集客にも繋がります。

ホームページ集客の外注に必要な費用は?

最後にホームページ集客を外注する際の費用相場と、損失を可能な限り防ぐためのポイントを解説していきます。
ホームページ制作費用の相場は、おおよそ20万〜30万円程です。ここにデザインや機能などのこだわりを付け加えるとすれば、費用は大体にして、70万〜80万円位です。場合によっては、100万を超えることも珍しくありません。

他方では、テンプレートを使って手っ取り早くホームページを作成する制作会社もあります。テンプレート利用のホームページ制作を依頼ともなれば、3万〜10万円程度で済むケースも存在しますね。

では、ここでホームページ制作外注の費用相場を、制作内容を複数に分けて、参照してみましょう。

・オリジナルデザインの制作依頼:20万~100万円以上
・テンプレートデザインでの制作依頼:3万~10万円
・WordPress設置の依頼:3万円~
・テンプレートのカスタマイズ依頼による制作:20万~30万円前後
・ネットショップの制作依頼:50万円以上
・独自システム(CMSなど)の構築依頼:100万円以上

結論:車屋さんのホームページ集客では徹底的にお客様に寄り添おう

結論:車屋さんのホームページ集客では徹底的にお客様に寄り添おう
結論:車屋さんのホームページ集客では徹底的にお客様に寄り添おう

外注内容の違いだけでも、これだけの開きがあることが分かりますよね。「なぜ、こんなに?」と疑問を持たれる人も多いのではないでしょうか。

そもそも、ホームページ制作を依頼しようとも、一体どれが良質な制作会社であるのかは、判断が難しいですよね。

というわけで、制作内容によって異なるホームページ制作外注の費用相場から、損失を防ぐためのポイントを説明します。

先の内容でも触れたように、ホームページ運用の方向性を定める5W1Hを軸とした目的を固めましょう。

品質を高くできるだけ安く作るには、5W1Hに合わせたホームページの仕様・制作の依頼先を決める考えが大切です。

車屋さんの場合での5W1Hは、次のようにまとめられるかと思います。

  • What(何を):車屋に来店してくれるお客様を増やしていく
  • Who(誰が):車の購入、修理、整備などを検討しているお客様
  • Why(なぜ):どのような車種の車が売っているのか、修理や整備の様子を知りたいために、お客様がホームページを訪れる
  • When(いつ):お客様の頭の中が、車の購入、修理、整備を想像しているとき
  • Where(どこで):職場の休憩スペースや、家などで
  • How(どうやって):仕事の休憩中や家などで、PCやスマホを使った状況にて

ホームページ運用の5W1Hに沿った目的達成を見据えて、次の2点を判断できれば問題ありません。

  • どのようなデザインでどのような機能のホームページが必要か
  • 自分たちの思い描く集客のためのホームページは、どの程度の費用が適正であるのか

ホームページ集客のために、無駄にハイデザインで高機能なホームページを、無理して持つ必要性はありません。

運用のための5W1Hを正確に押さえていれば、それに沿ったホームページをイメージして、外注先に共有しましょう。

また、自分たちでの判断が難しい場合には、5W1Hの策定も含め、制作会社選びを専門家に相談するのもいいですね。

自分たちで無理のない範囲で、ホームページ制作を依頼していってください。

\SEOに再チャレンジしてみませんか?/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA