Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c5028887/public_html/machibun.co.jp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
Web集客コンサルティングとは?良質なサービスを見分けるコツや依頼費用を紹介 | 街中文学

Web集客コンサルティングとは?良質なサービスを見分けるコツや依頼費用を紹介

Web集客をしたいけれど、自社のリソースだけではうまくいかない…

そのような場合に活用できるのが、Web集客に関するコンサルティングです。Web集客コンサルティングでは、インターネットのさまざまな媒体による集客を、プロの手で運用してもらうことができます。

この記事では、Web集客コンサルティングの依頼に成功するコツと、悪いコンサルタントの見分け方・コンサル後の自社での運用の仕方について紹介します。

\SEOに再チャレンジしてみませんか?/

Web集客コンサルティングとは

Web集客コンサルティングとは
Web集客コンサルティングとは

Web集客コンサルティングとは、Web集客のサポートを行うことです。

コンサルティングというと悪いイメージを持つ方も多いですが、簡単にいうと、自社に新しいチームを1つ追加するような感じです。

また、そのチームは自社にない専門知識を持ち合わせているプロ集団なので、コンサル会社を利用する会社と自社のみで頑張る会社では、結果の出やすさが大きく異なります。

そんなWeb集客コンサルティングについて、以下の2点を確認しましょう。

Web集客の効率化をサポートしてもらえる

Web集客コンサルを利用することで、Web集客をより効率的に行えるようになります。

なぜならコンサルティングを受けることで、既存のホームページやWebサイトの戦略が明瞭化されるからです。

主な例として、自社のSEOをコンサルティングしてもらうものがあります。SEOコンサルティングを活用することで自社のSEOを強化し、検索からの流入を大きく伸ばすことができます。

そして、自社に留まらず、市場やライバルの状況などを汲み取った上で、自社の強みやターゲットが明確になります。SEOは専門知識の必要な分野なので、社員をゼロから教育するよりも最初から外部委託する方がコスト面も成果面も効率が良くなります。

企業とコンサル会社の付き合い方

成功するコンサルティングの活用方法は、自分たちの事業についてコンサルタントに理解してもらうことです。

コンサルティングの役割はあくまでも、相談を聞いたり、提案したりすることです。

コンサル会社がどれだけ良いものを作れるかどうかは、コンサルタントがどれだけ事業理解ができるかにかかっています。そもそも事業に対するヒアリングをしないコンサル会社は品質が低いことが多いので、注意しましょう。

例えば、「結果にコミット」で有名なライザップが分かりやすい例と言えるでしょう。

ライザップのトレーナーも、クライアントの体に関する悩みや要望を聞き、正しく導こうとしています。自分の理想の身体や食生活、日々の過ごし方をトレーナーに伝えなければ、机上の空論のような提案を渡されてしまいます。

まずは、自分たちが主体者意識を持ち、コンサルタントを活用していくようにしましょう。

Web集客コンサルティングを依頼するメリット

Web集客コンサルティングを依頼するメリット
Web集客コンサルティングを依頼するメリット

Web集客コンサルを利用するメリットは、3つあります。

自社にノウハウがなくても失敗しづらい

コンサルティングを活用することによって、自社独自のノウハウがなくても失敗する可能性は低くなります。

なぜなら、プロコンサルティングを受ければ、経験に基づいたノウハウを共有してもらえるからです。自社でゼロから知見を貯めるよりも、すでに数十数百の事例を見てきた専門会社だからこそ出せる成果があるのです。

そこに自社の特徴を重ねることで、集客や売上に繋がりやすい戦略的な施策が打ち出せやすくなります。また、コンサルタントからの意見をもらうことで、将来的に自走できる知見が溜まることもメリットですね。

必要な期間だけ依頼できるので人件費の削減になる

コンサルティングの活用で、人件費は削減できます。

必要な期間だけコンサルティングを活用することによって、長期雇用の社員を採用するよりもかなりコストを抑えて運用できます。「MarketingPiece」のようなフリーランスエージェントに依頼するのも1つの手段ですね。

1つのプロジェクトのために社員を雇用すると、もしそのプロジェクトが終了した時や状況が変わった時に人件費の負担となる可能性があります。

しかし外部委託であれば、自社の都合に合わせて必要な期間だけ専門家の力を借りることができます。

パーソナルトレーニング「ライザップ」のクライアントの例を考えてみましょう。

多くのクライアントさんは、完成体になれば、卒業となります。そこからは、トレーナーさんから、提供されたトレーニングモデルと食事管理を継続するのみです。

卒業後もこれまで学んだ内容を実践することができれば、それまでの費用は全て今後0円ですみます。

以上のように、コンサルティングを活用すると、必要な期間に必要な分だけのサポートを得ることができます。

社員の新しい学びの場となる

Web集客コンサルティングを受けることで、社員の成長にも繋がります。

コンサルティングを活用しない場合、社員に対して研修を実施し、成果を出せる状態まで教育しなければいけません。

2022年度(第46回)教育研修費用の実態調査によると、2021年度教育研修費は1人あたり2万9,904円でした。ただしこれは従業員規模が少なくなるにつれて増加する傾向にあり、299人以下の企業では43,591円でした。また研修中は普段の業務ができないため、実際の負担はかなり大きいと言えます。

以上のことから、限られた人的リソースで運営する企業ほど社員の教育には負担がかかっていることがわかります。

社外の新しい知見に触れることは、社員にとっても貴重な経験となります。会社の成長のためには、社員のレベルアップも必須ですよね。

Web集客コンサルティングに依頼できること

Web集客コンサルティングに依頼できること
Web集客コンサルティングに依頼できること

Web集客コンサルティングに依頼できることは、大きく分けて8つあります。

1個ずつ順序立てて、説明していきます。

業界・市場の分析

Web集客コンサルティングでは、既存のホームページだけでなく、競合する業界や市場などの分析の依頼も可能です。

分析は、プロの腕が明確に現れる部分です。素人では持っていない観点や、数字から読み取れる競合他社の意図など、専門的な経験を積み重ねているプロだからこそ発見できる項目が多々あります。

また、分析結果を貰えば、その結果を元にその後の戦略を自由に立てやすいというメリットもあります。市場調査の依頼は、コンサルティング会社の活用として最もコスパの良い依頼という見方もできます。

自分たちの業界・市場の分析を依頼すれば、ホームページ・Webサイトがより集客に強いモノとなっていくのです。

自社に最適なWeb集客戦略の考案

Web集客コンサルティングを依頼することによって、最適なWeb集客戦略の考案も依頼が可能です。

適切なターゲット設定、適切な広告媒体、適切なホームページ構成など、そもそもどの媒体を選ぶのが良いのかについてのアドバイスをもらうことができます。

このような集客戦略を考えることによって、ただなんとなくブログを運営してみる・SNSを更新してみるという感覚的な運用から、〇〇を使ってXXという目標にむかって運用するという明確な計画を立てることができます。

LPの制作・改善提案

Web集客におけるLPとは、商品を売るためのページのことです。

Web集客コンサルティングは、ホームページの中にLPも制作したり、改善の提案も担っています。

LP制作で最も陥りがちな失敗例が、なんとなくおしゃれなLPを作ってしまうことです。LPの役割は商品を売ることなので、デザインだけを重視したLPはほとんど失敗します。

LP制作の際は、KPIを設定し、そのKPIを改善するために明確な根拠と精度の高い仮説を持ってデザインを設計する必要があります。例えば、ボタンの色を変えるだけでもクリック率が2倍になるのはよくあることです。

ホームページ・Webサイトからの集客経路を確立するには、LP制作も必須です。LPは商品販売においてかなり重要な役割を果たすので、一度しっかりと作っておくのがおすすめです。

オウンドメディアの立ち上げ

オウンドメディアとは、検索を意識した企業ブログのことです。

オウンドメディアは企業の資産となるため、無料ブログやポータルサイトのブログ機能を使うのはおすすめしません。なぜなら、そのブログサイトの運営会社の一存で記事やサイトを削除されるリスクがあるからです。

そのため、オウンドメディアは自社でサーバーを利用して運用するのが基本です。

しかしオウンドメディアの立ち上げには、サーバーの設定やCMSの初期設定など、プロの知識を必要とする部分があります。

さほど費用のかかるものではない上に単発の依頼になるため、これから企業ブログを運営していきたい場合はオウンドメディアの立ち上げについて相談してみましょう。

オウンドメディアの運用代行

オウンドメディアを持っている場合は、その運用を代行することも可能です。オウンドメディアを運用すれば、SEOによって検索流入を得られます。

しかし、SEOは専門知識の必要な分野です。ただブログのなかにキーワードを入れておけばいいという曖昧な知識では、決して成功できないほど今のSEOの難易度は上がっています。

しっかりとした知識を持つプロが運用するのとそうでないのとでは大きな違いが生まれるので、競合と一気に差をつけられる要因となります。

コンバージョン経路の最適化

Web集客コンサルティングでは、コンバージョン経路を最適化するための施策も担ってくれます。

コンバージョン経路とは、どのページからどのように誘導してLPへ遷移させ、制約に結びつけるかという、ウェブサイト内での誘導経路のことです。

初めて訪れる場所では道に迷ってしまうのと同じように、初めてサイトを訪れた読者は、そのサイトにどんなページがあるのかを知りません。そのような読者をうまく誘導できるように、わかりやすい場所に、わかりやすくクリックできるボタンを設置して、読者をLPへ誘導するのがコンバージョン経路の最適化で行うことです。

具体的には、次のような施策を行います。

  • ユーザー行動を定量的に分析
  • Webサイトの構造・導線を改善
  • ABテスト行うことで最適な訴求を模索

集客と成果を同時に上げていくためには、重要な施策ですので、押さえておきましょう。

広告運用に関するアドバイス

Web集客コンサルティング会社は、サイト上における広告運用に関しても、経験豊富です。ゆえに、サイト内の広告の配置や広告からのコンバージョン獲得などの助言も依頼できます。

広告運用の際は、そもそもどの媒体に広告を出すべきなのかという基礎的なところから、CPA最適化のための専門的なサポートなど、幅広く行うことが可能です。

SNS運用の代行・サポート

今の時代、ホームページやWebサイトに誘導し、成果に結びつけていく手段として、SNSは欠かせません。

SNSには、InstagramやTwitter、Facebookなど、様々な媒体から存在します。これにも、各業界で最適な手段があり、どれを選べばいいかは悩ましくなりますよね。

SNS運用はなかなか正解が見つからず、挫折してしまいやすい分野です。そのように苦しい分野は社員の精神的負担も大きくなりがちなので、プロに依頼して社員のサポートを行ったり、丸投げしてしまうのもおすすめの方法です。

Web集客コンサルティングの費用相場

Web集客コンサルティングの費用相場
Web集客コンサルティングの費用相場

Web集客コンサルティングで押さえておくべき費用相場は、以下5点です。

1つずつ順番に解説します。

初期分析

初期分析にかかる費用は、企業の規模によって異なります。中小企業向けでは15万~30万円、大企業の場合には50万円以上すると見ておきましょう。

コンサルティング初期は、まずそのサイトに公開されている記事のSEO評価、サイトのドメイン評価を行います。その次に市場のキーワードを調査し、対策すべきキーワードを適切に対策できているかを調査します。

その後に、キーワード設計を行い、今後対策するべきキーワードを洗い出し、既存記事のリライトで対策するのか新規で記事制作を行うのかを判断します。

ホームページ・Webサイトの規模や実施内容によっては、数百万円を費やす例もあります。

どれほどの分析が必要であるのかを、事前に見積もっておきましょう。

LP制作

LP制作で一般的な価格帯は月30万~60万円です。

この変動範囲は、Webコンサルティングのノウハウや作業範囲によります。

LP制作には、「目的設定」「戦略設計」「原稿」「公開後の修正」の作業を踏むことを心得ておきましょう。

また、LP制作では事業理解が非常に重要です。LP制作は外部に丸っと投げてしまうのではなく、自分たちの事業へのこだわり、自社だけが生み出せる魅力をしっかりとコンサルタントに伝えることがより品質の高いLPを制作するコツになります。

また繰り返しになりますが、LP制作の際にデザインにこだわりすぎるのは失敗の元になります。デザインを美しくするのは前提の上、どの部分のどの数字を重視するのかという視点を必ず持つようにしましょう。

広告運用

広告運用で発生する費用も、月20万~30万円を見ておきましょう。広告運用の依頼では、広告料の20%ほどの手数料が相場となります。

広告運用のコンサルティングにおいては、最適な広告プランの提案や効果計測、現状施策の分析、費用対効果の依頼もできます。

どの範囲までを依頼するのかを決めておくことで、広告運用からの集客の軸も定まります。

SNS運用

SNS運用の費用は、月10万~50万円です。

SNSもコンサル依頼をする相手によって異なります。

Web集客の専門会社へ依頼する場合は30~50万円、個人事業主やフリーランスにコンサルを依頼する場合は、3万~10万円の予算となります。

SNS運用は基本的に認知獲得をベースにした運用となるため、明確な収益経路がなければSNS運用のコストを回収するのは難易度が高くなります。

SNS運用の際は、まずLP制作を行って収益性が確立された上で戦略を検討するのがおすすめです。

オウンドメディア制作

最後は、Web集客コンサルティングにおけるオウンドメディア制作の初期費用を説明します。

集客のための本格的なオウンドメディアともなれば、月30万~50万円かかります。

ターゲットやキーワードなどの設定をし、最適なサイトマップ設計にまつわる相談や、制作代行などで変わります。キーワード選定はオウンドメディア運用において欠かせないので、費用が足りない場合でもキーワード設計を行うことを最重要に考えましょう。

成果を出せるWeb集客コンサルタントの選び方

成果を出せるWeb集客コンサルタントの選び方
成果を出せるWeb集客コンサルタントの選び方

成果を出せるWeb集客コンサルタントは3点を軸に選べるようにしていきましょう。

お客様の業界の事業を行う

業界の事情やお客様の事業内容を理解し、理念やその実現手段を心得てサポートができるコンサルタントは、良質と言えます。

コンサルティングの仕事は、クライアントの悩みや相談を聞き、具体的な助言や課題解決案を提示することです。

悪いコンサルティング会社の例としては、自分たちのスキルだけに依存し、どのようなお客様に対しても同じような提案を繰り返しているものです。このような提案では、そもそもお客様の会社で実行不可能なものも含まれてしまい、提案はもらったけど何も変えることができなかったという結果になってしまいます。

コンサルティングを行う場合はまずお客様の事業を理解し、その背景となる運営体制を把握した上で、現実的に成果の出る方法を一緒に探っていくのがベストの形です。決して外部からお邪魔しているという姿勢ではなく、一緒により良いサービスを届けているという気持ちでお仕事のできる関係を目指したいですね。

業界に合わせた戦略を立案できる

Web集客成功のための戦略が、業界にマッチした提案ができるかどうかも、選出ポイントの1つです。

実は業界によって、同じ手法でも得られる成果は全く異なるのです。

例えば美容業界では地図検索による集客が多いですが、税理士の集客においては紹介がメインとなるので、いくらその地域に特化した検索対策をしても集客には繋がりません。税理士の集客を増やす場合は、セミナーやイベントによる集客に力を入れることが重要となります。

以上のように、集客は業界の数だけ正解があり、それぞれの背景に応じた集客方法を考える必要があります。

予算に合ったプランが提供できる

Webコンサルティング会社を選ぶ場合は、自分たちの予算に合ったプランニングができることも考えましょう。

コンサル会社の規模が大きくなると、ある程度パッケージ化されたプランが用意されています。しかしそのようなパッケージでは、自社では実装不可能な提案まで含まれていたり、規模が大きすぎて対応できないということもあります。

そのような場合は、有名なコンサル会社ではなく、個人規模で行っているコンサルティング会社に依頼するのがおすすめです。個人規模であれば、相手の状況に合わせて柔軟にプラン内容を変更することができる場合が多く、自社の予算に合った内容を設定してもらいやすいためです。

株式会社街中文学では、固定のプランをご用意せず、お客様へのヒアリングを通して必要な施策を1つ1つ積み上げる方式を採用しております。

また、Web集客が不要だと判断した場合は、Web集客によらない方法をアドバイス差し上げることもありますので、ぜひ一度、無料でご相談ください。

\SEOに再チャレンジしてみませんか?/

まとめ

Webコンサルティングのまとめ
Webコンサルティングのまとめ

この記事では、Web集客コンサルティングについて書きました。

結論として、Web集客コンサルティングは積極的に活用していくことをおすすめします。

うまくいかないWeb集客の悩みや相談をすると、自社では思いつかないアイディアに巡り合えるものです。また、自社にない新たな価値観に触れることによって、会社や社員の成長にも繋がります。

今の時代では、良いものを作るだけでは社会貢献することはできません。良いものを作り、それを必要とする人に届けることができてこそ、その人を幸せにすることができます。

Web集客とは、必要な人に必要なものを届ける大切な事業の一部分です。

ぜひWeb集客を活用して、より多くの人に自社製品の魅力を伝えていきましょう。

\SEOに再チャレンジしてみませんか?/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA